開発キットのライセンスはどのようになっているのでしょうか?

開発スタートキット101シリーズのライセンスは、開発者の人数人につき、ライセンス1式をご購入下さい。

<商用版APIをご購入の場合>
以下のライセンス(費用)は一切発生いたしません。
・プロジェクト制限(アプリ種類・用途)ライセンス
・制作したソフトウェアの再配布ライセンス

開発したアプリ(ソフト)は、自由に配布してください。
再配布ライセンス費用は不要、プロジェクト制限などもありません。
開発キット内の取扱説明書に従って開発を進めてください。

社内利用版APIをご購入の場合>
ソフトウェアは再配布は出来ませんのでご注意ください。再配布する場合、商用版をご購入ください。
開発キットに同梱されている 非商用版Oragen Easy API(社内利用版)は、開発したシステム・ソフトウェアを第3者へ販売することは出来ません。

再配布したい場合は、商用利用版CD「Orange One Stop Easy API」を追加でご購入ください。商用利用版は、再配布サブライセンス費用やプロジェクト制限などはありません。開発者1人につき、商用利用版を1つご購入ください。

◆サポート期間について

サポート期間は購入後1年間1人となります。(1式のCDの場合)
なお、サポートが開発者2人になる場合は製品を2式をご購入下さい。
メールサポートがなくなるだけでAPIの利用は継続してご利用頂けますが、
サポートが一切なくなりますので継続利用や使用環境アップデートの場合も鑑みると1年間に1つ(単体CDのみ)ご購入される事を推奨しています。
1年経過後にサポートが必要な場合は新しく製品(追加CDROM)をお買い求めください。
古いバージョンの開発キットをお持ちの方が、新しいバージョンをご利用したい場合は、新しく開発キットをご購入頂く必要がございます。
(マイナーチェンジ(ver2.0→ver2.1)についてはアップデートしますが、メジャーチェンジ(ver2.0→ver3.0)は対応しておりません)

なおCDの再発行はしておりませんのでCDROMを紛失された場合は、申し訳ございませんが再度ご購入下さい。追加用の単体CDが販売されています。

例)OneStopEasyAPIアップデート情報はこちら
例)OrangePost(Windows)アップデート情報はこちら




開発キットを使って開発したソフトウェアやシステムをお客様(エンドユーザー)へ販売する場合、ライセンス費用等は発生しますか?

Comments