PC/SC APIとは何ですか?OrangeEasyAPIとの違いは?

 
回答: 

Orange Easy APIシリーズの特徴 
  • 初心者を対象とした簡単・シンプルAPI。AccessやExcelでの開発も可能で、今までRFIDや非接触ICカード・ICタグ対応のソフトウェアやシステム開発を行った事がない技術者・エンジニアでも開発が可能。複雑なシーケンスを排除し関数を呼び出すだけ。非常に簡単に開発可能。
  • ExcelやAccessでの開発可能で簡単に、各言語(VB・VB.NET・VBA、VC++、VC#)にも対応。機能を特化することで他のAPIよりも容易に開発可能
  • 圧倒的低価格。開発者1人に対して低価格な費用(数万円まで)がかかりますが、再配布時に、配布ライセンス費用は発生しませんし、プロジェクト制限などもありません。
  • 近距離無線通信のNFC(ISO18092)規格に対応しているので、日本で普及しているFeliCa(フェリカ)と、圧倒的に安価なMifare(マイフェア)規格のICカードの両方を利用するシステム開発が可能になります。
  • 対応するリーダライタも拡張予定で、用途に合わせてリーダライタを選択することが出来るように設計。安価なリーダライタから、順次、特殊なリーダライタも拡張する予定です。
  • 開発スタートキットにはソリューションファイルが付属されています。
  • 詳細こちらのページもあわせてご確認ください。
  • 購入前に事前にソースコードも確認できます。開発キットにはサンプルソースが付属していますか?
  • 自由度の高いプロ向けAPI(ProMuzuAPI)も発売されています。
  • OrangeEasyAPIは、PC/SC APIをベースに開発されています。既に1000社以上に導入されており多くの実績とサポートが強みです。

PC/SC APIシリーズの特徴
  • 初心者には難しい。
  • マイクロソフトのサポートとなっており、難しく煩雑、サポートは乏しく、サポート情報がほどんどない、あっても英語のドキュメントで説明されている。
  • カード内部へのデータ読み書きや詳細な指定など様々な通信ができる。柔軟性が高い。一方、煩雑、複雑。
  • リーダライタ側のコマンド仕様やシーケンスなどの技術情報に加え、ICタグ・ICカード側に対する一定の知識(IC側のコマンド、シーケンス、ブロック情報など)が必要
  • 再配布ライセンス費用は発生しませんし、プロジェクト制限などもありません。
  • どうしても必要な場合は、開発スタートキット付属の取扱説明書の補足:参考資料PC/SCを利用した開発方法もご参考ください。


Comments