用語集‎ > ‎

Mifareとは?

 Mifare(マイフェア)は、オランダのフィリップス社(現NXP Semiconductors)が開発し、非接触型ICカードの国際通信規格ISO/IEC14443TypeAとして標準化されている。Mifareは、FeliCa(フェリカ)と同じ13.56MHzの近距離無線通信規格であるが、比較的安価であるという点から日本ではタバコカードのTaspo(タスポ)などに利用されている。
 世界的にはこのMifareが最も多く採用され普及している。このチップは、大量生産、機能簡素化により比較的安価に導入が可能。用途は、決済、会員カード、入退出管理、交通系カード、電子マネー等に広く利用されている。例えば、ロンドン、北京、ソウル、モスクワ等では公共交通システムとして利用されている。 
 
 世界的には国際規格のMifareが圧倒的に普及している一方、日本では独自仕様であるFeliCaが普及した。
 MifareとFeliCaと機能は同じだが、Mifareは性能(通信速度など)が低くく、価格が安い。日本や香港など電車・地下鉄など非常に高速通信が必要な環境ではFeliCaが有利だが、電子マネー、オフィス入退室、業務システム、ポイント管理などの一般的な利用・用途であれば、Mifareで反応速度などは十分であり、海外では圧倒的にMifareが普及している。香港ではFeliCaからMifareへの切り替えが進んでいる。日本ではMifare対応のリーダライターや開発キットが普及しておらずソフトウェアやシステムの普及が遅れている。
 
 最近、このMifareと日本国内で普及しているFeliCaの両方と通信が可能なNFCが国際規格化(ISO18092)され、日本でも対応システムやソフトウェアが普及してきた。FeliCaやMifareどちらのインフラでもりようできるソフトウェア・アプリケーションや、トータルの導入コスト削減したり、新しい機能をソフトウェアに追加したり、様々な用途で利用されている。 
 
【Mifareシステムの開発方法】 
 ソニー製FeliCaSDK(数十万円前後から数百万円程度)(Mifareの利用には別途NFCオプションの購入とサブライセンス100個の購入が必要)の利用。 オレンジタグス社から安価なNFC開発スタートキット(2万円台)まで各種ソフトウェア開発キットで、Mifareのシステム開発が可能となっている。
   
【固有IDの利用方法・活用方法】
 カード内部の読み書きにはメモリブロックの構造などを理解する必要がある。より簡単な方法を利用するケースも多く、カードのID番号を読み取り、そのID番号をデータベース側の情報とひもづけ、会員情報や社員情報、読み取り日時、ポイント管理などを行っているケースも多い。Mifareの固有IDはUIDと呼ばれ、カード製造時にICチップに記録され書き換えができない固有のID番号である。UIDは4byte(8桁)または7byte(14桁)の数字で、トレーサビリティと個体識別を目的として、ICチップに書き込まれ同じ番号が流通しないようにNXP Semiconductors (旧フィリップス)が管理をおこなっている。編集は不可能であり比較的簡単に利用できることから、応用範囲が広く、このID番号を使ったアプリケーション・システムが広く普及している。
 
 MifareのUIDやFeliCaのIDmを取得できるAPIを提供しており、VC++やVC#、VB、VB.NET、VBAなどの利用サンプルコード、関数リファレンスを提供しており、AccessやExcelなどでの開発も可能となっている。最近ではPHP開発者向けに対応キットを提供するなど製品拡充されており全国での実績も増えている。

Mifareの主要製品(10種類以上のMifare製品)はこちら

Mifareの製品一覧表と比較表、データシートなど Mifare仕様・製品一覧


Mifareカード・ICタグ製造

Mifareカード・ICタグ製品は、上記のMifareチップをNXP(旧フィリップス)から調達後、アンテナ形成、インレイ加工、カード形成・プレス加工、印刷工程、切り抜き、検査までおこなって出荷されます。例えば、Mifare UltralightやMifare 1Kの製品といっても、その外観形状は自由に決められるため、何百種類という種類が存在し、利用用途にあわせて選択する。カード形状は最も利用が高く安価に利用されている。そのほか、ラベルシール、キーホルダ、リストバンドなど利用用途に合わせて、多くの種類が存在する。たとえば株式会社オレンジタグスのMifareカードや価格競争力の高い製品は、全世界での数百万枚以上の販売実績をもっており、NFCやRFIDに関する技術協力を積極的に行っている。





 

株式会社オレンジタグスのMifareカードやMifareラベルシールなどの製品は、価格競争力が高く全世界での数百万枚以上の販売実績をもっており、Mifareのシステム開発が可能になる安価なNFC開発スタートキット(2万円台)や、リーダライタの組込モジュール設計開発など、NFCやRFIDに関する技術協力を積極的に行っている。


 
 
※本サイト記載の社名・製品名・ロゴは各社の商標または登録商標です。
※本サイト記載の文書またはデータ等を無断で複写、複製、転記、転載、ノウハウの使用等を行うことは禁じられております。

Copyright © 2009 Orangetags Inc. All Rights Reserved.  
Comments