用語集‎ > ‎

NFCとは?

 NFC(Near Field Communication)は、FeliCa(フェリカ)とMifare(マイフェア)の上位の共通通信方式としてISO/IEC18092に制定・標準化された。NFCは、ソニーとNXP(旧フィリップス)が開発した無線通信規格で、次世代国際標準規格として非接触ICカードの共通規格・スタンダードとなっている。

 アプリケーションがNFC対応になることで以下のような効果(例)を得ることができる。

  • 消費者がかざすだけという簡単な動作で利用できる。優しいヒューマンインターフェース
  • 応答スピードが早い・時間を短縮、リードタイムや工数削減
  • 非接触のため摩耗・製品故障が少ない
  • 機器間通信機能の強化(P2P通信機能、Bluetoothハンドオーバー機能、WiFiペアリング機能など)
  • ICカードの規格(FeliCaやMifare等)に依存しないアプリケーション構築が可能、異なる通信規格へ対応可能。
  • コスト削減(用途・機能・コスト面から最適なICカード選定、共通インフラを利用した開発、異なる規格への対応開発など無駄な開発コストの削減など)
  • セキュリティ・認証の強化(磁気カードやプラスチックカード・番号表示からの移行・代替や、ICチップ内部へのアクセスによるセキュリティ強化)
  • その他
 日本国内でもFeliCaMifareの両方と通信が可能なNFC対応リーダライタ対応製品が増加。APIやSDK(ソフトウェア開発キット)などの開発環境も整ってきており簡単にNFC対応のシステムやアプリケーションの開発出来る環境が整いつつある。 
 
 アプリケーション・サービス領域で世界的な共通規格にしようとNXP(旧フィリップス)とソニー他と共同で立ち上げたNFCを推進する団体「NFCフォーラム」には、世界中の家電メーカーや通信事業者など130社以上が参加し、世界標準インフラとしてNFCの利用促進や各種標準化作業を進めている。様々な企業がNFCを利用した世界中で使える便利なソリューションを開発している。すでにNFCの実証実験は、アメリカ、ドイツ、フランス、台湾、日本など各地で行われている。
 
 
 最近では、NFCに対応したICカードやリーダライタや安価な(2万円台の)NFCソフトウェア開発スタートキットなどが、株式会社オレンジタグスから販売されている。同社は、会員カードやポイントカード、メンバーズカードを、サービス事業者へ提供しており、全国各地の様々な業種業態の企業・法人・大学・研究機関へ数多くの実績をもっている。オレンジタグス製品はこちら製品一覧
 


※本サイト記載の社名・製品名・ロゴは各社の商標または登録商標です。
※本サイト記載の文書またはデータ等を無断で複写、複製、転記、転載、ノウハウの使用等を行うことは禁じられております。

Copyright © 2009 Orangetags Inc. All Rights Reserved. 
Comments